サービス

海外ファンドに投資する際に係るその他のリスク

価格変動リスク 各投資対象投資信託証券を通じて組み入れた有価証券等の値動きにより、基準価額が大きく変動することがあります。
株価変動リスク 株式の価格は、発行企業の業績や国内外の経済情勢等により変動します。株式の価格変動はファンドの基準価額の変動要因となります。
金利変動リスク 公社債については、一般的に金利低下局面では値上がりし、金利上昇局面では値下がりします。また、残存期間が長期の公社債の価格は、概して短期のものより金利の変動に対応して大きく変動するため、ファンドの基準価額の変動幅も大きくなります。
為替リスク 通貨の価格変動等の影響により、基準価額が大きく変動することがあります。例えば、組み入れた有価証券等の価格が表示通貨建では値上がりしていても、その通貨に対して円高となった場合は円建の評価額が減価し、基準価額が下落する場合があります。
カントリーリスク 外貨建資産への投資を行う場合、当該国・地域の政治・経済、社会制度、対外関係等の変化により、基準価額が大きく変動することがあります。
信用リスク 組み入れた有価証券の発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等により基準価額が影響を受けます。また、コール・ローン、譲渡性預金等の短期金融商品で運用する場合、債務不履行等により損失が発生することがあり、基準価額が影響を受けることがあります。
流動性リスク 市場規模が比較的小さい市場に投資を行う場合、流動性の低下により、組み入れ有価証券等が本来想定される価格とは乖離した水準で取引が行われることがあり、このため、基準価額が大きく変動することがあります。
その他のリスク ファンド・オブ・ファンズ方式で運用を行う場合、主要投資対象とする各投資対象投資信託証券に対し、他のファンドによる多額の追加設定および一部解約等がなされた場合には、各投資対象投資信託証券における売買ならびに組入比率の変更等により、基準価額が大きく変動することがあります。