自分年金

今がチャンス 大きな「自分年金」を作る3ステップ

「目的」を明確にして細く長い運用

将来の資産形成を考える際に、重要な事は「目的」です。
何の為のお金なのか。老後の生活費なのか、子どもの教育資金なのか、家を買う際の頭金作りなのか。

目的が年金の補てんとしての老後の生活費づくりであれば、「つみたて」と「運用」、更には「節税効果」の視点で考えると、個人型の「確定拠出年金制度」を利用することも有効です。
確定拠出年金制度は外貨建てはありませんが、毎月の拠出分だけ課税所得を減らす事ができるだけではなく、運用中はそのリターンに対して非課税である事と、受け取り時には退職所得控除や公的年金等控除の対象になりますので、節税効果を考えると、かなりのリターンと同等の効果を得ることができます。

しかし、60歳まで解約や一部引き出しができない融通性(Flexibility)の低さや、金融機関により選択できる商品が異なるなど、申込む際はそのあたりを注意する必要があります。さらに「第三号被保険者(専業主婦)」は拠出を認められていませんので、いま現在フルタイムで働いている女性は加入の際は更なる注意が必要です。第三号被保険者になってしまったら、資金の拠出はできずに運用指示しか出せなくなりますので、口座維持管理手数料として毎年2,000円〜5,000円が60歳まで控除され続け、いくら運用パフォーマンスが良くても、手数料でどんどん目減りしていってしまう恐れもあります。

流動性や融通性が高く、手数料も安い、外貨で積立てる事ができて、元本保証型なのに運用利回りも高くて更に・・・なんて商品は今の所ありません。が、それぞれの制度の特性を知り、ドルコスト平均法のメリットや特徴を掴めば、わたし達にとって積立て投資は頼もしい“ツール”となり得ます。

前述した複利運用は、長く運用するほど効果が大きくなります。
「ドルコスト平均法」と、この「複利運用」の効果を理解、そして利用して、安全で確実な自分年金づくりを、是非はじめてみてください。

>>前へ