AMI blog

2017年11月27日

【会員専用 Weekly No.127】中国市場に要注意

会員専用ブログの記事です。

続きを読むにはパスワードが必要となりますので、こちらから会員登録をお願いします。

■■------------------------------------------------------------------------------------------------■■

  1. 中国市場に要注意
  2. 欧州は落ち着きを取り戻す
  3. アジアへの輸出増、追い風に

 

 

Weekly 11月27日

中国市場に要注意

早くも来年のことをよく聞かれる。絵図が描けないのが最大の特色だが、相場格言は「申酉騒ぐ」から「戌笑う」。戌は華やかさより、堅実志向で、家庭に目を向ける傾向が強まるとされ、融通性がなく極端な傾向が出易い。流れを大きく変える年ではない印象だが、中国崩壊の足音が聞こえたりもする。そう思っていたら、23日の上海総合指数は2.29%安、昨年12月以来の大幅安。人民元相場は動いていないので、突如中止命令が出た「オンライン金貸しビジネス」の影響と思われる。ネット上の「貸金業」が200社を超え、急激に膨らみ(少額融資、16年の8300億元から17年9月1兆4900億元=約25兆円の推測)、ビットコインと同様、当局が閉鎖に乗り出したようだ。他にも、ネット検閲機関トップが失脚や地方インフラ案件1000件中止などのニュースがある。